1冊メモ用紙投資術(仮)を敢行に移しつつあります

みなさんはどうして見聞を管理していますか?

思い出ですか?
スマフォのアプリケーションですか?

僕はともしっくり来ませんでした。

思い出はフレキシビリティーが乏しいのです。
レイアウト・ページ頭数などはいまや決まっています。
「それ合わないな」と思ってもまた新しい思い出を買ってきて書き写すのも面倒です。

スマフォはそもそも持っていません。
ガラケーは持っていますが、もっぱらメールってコールのみです。

ので、一先ず無い思い出を持っています。
が、最低限の役目しか無く、ダイアリーなどは他に持ち歩かなければなりません。

甚だ面倒です。
見聞は1箇所においたほうが活用できるのではないか。

ので、奥野宣之くんの「見聞は1冊のメモにまとめなさい」という書物を買ってみました。

見聞とりまとめテクニックを説いた書物なのですが、どうにも楽しいだ。

何が変わっているかというと、折系列によってメモに見聞をずっと書き込んで赴き、後から見直すときの履歴をPCで管理するというものです。

1冊のメモにダイアリーからパーソナリティーまで書き込んでいきます。

そうしてPCで中身を作っておくのです。

そうすれば、メモは1冊で済みます。何冊も持ち歩かなくていいです。
また、あとから見聞を使うときはGoogleのようにPCで調べをかければいいのです。

これは嬉しいと思い、すぐさま行為に移している。
どこまでうまくいくかわかりませんが、便宜上やってみたいと思います。iPhone7を予約する時に役に立つ頁

1冊メモ用紙投資術(仮)を敢行に移しつつあります